介護現場では人材が不足しています

介護の仕事には資格が必要です

超高齢化社会の今、介護現場では人材が非常に不足しています。決して誰でも出来る仕事とは言い難く、離職率が大変多いのも現状です。

以前は、病院の看護助手や認知症高齢者のグループホームなどでは、資格が無くても働くことが出来ましたが、最近では資格保持を重視し、より専門的に介護に携わることの出来る人材を求めるようになってきました。

ですので、これから介護の仕事を始めようと考えている方は、まず、初任者研修という講座を受講して資格を得ることをお勧めします。

施設や在宅など介護現場によって業務は異なります

それぞれの現場によって行う業務は少しずつ変わってきます。

特別養護老人ホームなどの施設で行う業務もあれば、一人暮らしの高齢者宅へ週に数度伺い掃除や買物代行、入浴のお手伝いなどを行うホームヘルプサービスもあります。

施設内では排泄や食事などのお世話に加え、リハビリやレクリエーションといった業務があります。またホームヘルプサービスでは、通院同行や薬の受け取り代行といった業務もあります。

そのサービス利用者が置かれている環境によって、介護の仕事や業務内容も変わってくるのです。

介護は社会貢献できる仕事です

それぞれ業務内容は変わっても、介護サービスを必要とする利用者の生活を支える点は共通です。

利用者やその家族をも助けることのできる仕事であることも確かです。

介護員やホームヘルパーをはじめ、ケアマネジャーや相談員など介護の仕事は社会貢献できる仕事ですし、逆に、このような人達がいなかったら、今の日本で高齢者が安心して生活していくことは、大変困難なものになるでしょう。

介護は誰にでも起こりうる問題ですので、介護の仕事をしている人だけではなく、知識や技術を知っておくことは皆さんにも必要です。

介護施設の多くはスタッフの数が不足していることが多く、常に求人を出している介護施設も少なくありません。そのため、神奈川県なら介護の求人を横浜で探すと、希望に沿った求人を見つけやすくなっています。