看護師の目線から見た介護士の実態とは!!

患者様の気持ちを1番分かっているのか介護士!

よく病院内で言われる事といえば「患者さんの事は1番近くにいる看護師に聞けばいい」といわれます。確かに患者様の病態から日常生活まで幅広く理解しているのは看護師でしょう。しかし本当に1番近くにいるのは介護士さんなんです。看護師は業務量が非常に多く体調の変化や医療機器のチェックをすれば次の患者様の所へといった感じでゆっくり話す時間はなかなかとれません。介護士さんも多忙なのですが患者様の側でお話しながら行える業務が多いことや患者様はやはり医師や看護師は治療について話すことが多いですが介護士さんとは気兼ねなく日常会話を楽しんでいる印象を持ちます。介護士さんからの報告で患者様の本音や考えを知ることがあったりと介護士さんは患者様の本音を聞き出してくれる重要なポジションにあるんですよ。

介護士の抱えるストレスと悩み

介護士のイメージといえば下の世話など汚い大変で汚い仕事をしているのに給料が安いというイメージがあると思います。実際本当に給料は安いです!あんなに大変なのにどうして?と私も思うことがよくあります。他に病院で働いて感じることといえばストレスがたまるだろうなということです。ただただ業務が多忙でというだけでなく、やはり看護師からの八つ当たりがあると感じますね。今の医療業界といえばチーム医療で色々な職種が対等に話あい患者様の治療を行っていくというスタイルですが実際はそういう訳にはいきません。医師からの指示や納得いかない主張を聞きストレスが溜まった看護師が介護士に八つ当たりするということが全員ではないですが見受けられます。しかし介護士は立場上言われるがままの事がありストレスを抱えているのではないでしょうか。本当に大変な仕事で重要なポジションなのですが世の中の昔からの流れなのでしょうか。

介護士としてのプロ意識持って!

病院で介護士として働いている人達には実は2種類の方がいます。介護福祉士の資格を持った介護士さんと無資格の介護士(ケアスタッフや補助者などということもあります)の方です。業務内容は同じですがお給料はやはり資格を持っている人の方が少しだけ多いです。介護福祉士さんは専門的な勉強をして資格を取得しているのでしっかりと業務を行なっていますが無資格の方は他に雇ってくれる所がないから働いているという人が多くプロ意識は低く患者様への対応があまり良くない人もいます。大変ですが本当に素晴らしい仕事だと思うので資格はなくとも介護の仕事をしている誇りやプロ意識を持って仕事をして欲しいです。

訪問看護ステーションとは地域のナースステーションです。在宅療養されている方のお家に訪問し、必要なケアを提供します。